長崎森のなかま保育園

埼玉・東京の駅チカ、木のぬくもりあふれる保育園

埼玉・東京の駅チカ、木のぬくもりあふれる保育園

節分の会

今年は124年ぶりに2月2日が節分となる珍しい年です。
子ども達にとっては1年に1度鬼が来る日と認識されているかもしれません。
今年はコロナの影響で2階、3階にわけて行いました。
節分の会を始めると少し緊張した顔の子やいつも通りに笑顔の子と様々でした。
まず0歳、1歳クラスで行いました。節分の話や絵本を見て「鬼は外。福は内」の掛け声の練習をやりました。
段ボールで作った鬼に向かって豆を投げるゲームではかわいく「ぽい」と言って入れる子や「えーい」と大きな声をだして楽しんでいる様子が見られました。
そこへ本物の鬼が登場です!「きゃー」と泣いてしまったり驚いて固まってしまう子もいましたが、先生たちと豆を投げて一緒に鬼は外をして、退治できました。

2歳、4歳クラスも同じ流れで行いました。
鬼のお面やマスは製作したものをみんなの前でしっかりと発表してくれました。製作のレベルが年齢ごとに違ったり、個々の個性がでていてどれも素敵なお面でした。

2歳、4歳では「怖い」という感情もしっかり育っている為、鬼が登場すると泣く子がほとんどでした。けれど「おにはーそと」と言ったり、豆を投げたりとただ怖がっているだけでなく、鬼を退治する為に皆頑張ってたたかってくれました。
柊と鰯の頭を玄関に飾り今年の節分の会となりました。

new≪  ❘ 
長崎森のなかまトピック 一覧