森のなかま

埼玉・東京の駅チカ、木のぬくもりあふれる【森のなかま保育園】

埼玉・東京の駅チカ、木のぬくもりあふれる【森のなかま保育園】

【森のなかま】とは

埼玉県、東京都に現在5つの保育園を運営しております。
共通した特徴として、以下の点があります。

  • 木をふんだんに使ったぬくもりある室内
  • 子どもたちの心の成長を重視したおおらかな方針
  • 保育士がのびのびと働ける現場を尊重する運営体制

保育方針

1. ものを大切にする子に育てよう

子供たちの最大の関心事は、自分を取り巻くものであるはずです。
そしてそれを探索する行動を起こします。
さわったり、なめたり、放り投げたり、さまざまな行動を行います。
そのときに、子供の問いかけや質問等に丁寧に答え、そのものを大切にする心を育てます。

2. ともだちを大切にする子に育てよう

自分と同じく社会へ一歩を踏み出した園児(なかま)は、人格形成に大いに役立つはずです。
そのなかまと遊んだり、けんかしながら他人との人間関係を学びお互いに「なかま」を大切にする心を育てます。

3. おとうさん・おかあさんを大切にする子に育てよう

自分を生んでくれて、育ててくれるお父さん、お母さんを大切にするのは、当たり前です。
自分の親を大切にしない人間が、どうして他人を大切にできるでしょうか。
その気持ちを大切に思い続ける心を育てます。

保育理念

つよく・ただしく・のびのびと

一人を大切にする幼児教育を通じて、園児の人格形成に寄与し、将来社会へ優位な人材輩出に貢献する。

園児にとって、いままで家族という一番小さなコミュニティ(社会的つながり)から、一歩外へ広いつながりを持つ最初の機会が保育園になります。
そんな子供たちを私たちは、一人の独立した人間と捉え、人格を尊重し、将来りっぱな大人に育つため、しっかりした幼児(人間)教育をしてゆきます。
社会的な価値(果実)に育つ良質の種を子供たちの心に植えること、それが子供の幸福に繋がっていくと信じています。

保育目標

いのちの大切さ・生きる力

1. あいさつ 生きる上で基本的なあいさつが自然にできる子
2. 生活習慣 生きる上で基本的なあいさつが自然にできる子
3. ふれあい 異年齢が触れ合う中で大きい子が小さい子を助け、小さい子が大きい子を見てお互いに成長できる子
1. 感受性 豊かな想像力や主体性を養い表現できる子
2. 思いやり 相手の気持ちになって考えられる子
1. 健康 健康な心と体を育て、自らの体に興味関心を持ち健康な心と体を持つ子
2. 体力 進んで外で体を十分に動かし遊ぶ子
1. 食事 自ら進んで楽しく食べる子
2. 食育 五感を刺激し食に興味を持つ子

事業者概要

  • 名称 ・・・ シンリツ株式会社
  • 代表 ・・・ 関根 博(せきね ひろし)
  • 設立 ・・・ 昭和62年5月1日
  • 資本金 ・・・ 1,000万円
  • 所在地 ・・・ 埼玉県さいたま市南区鹿手袋4-31-17
  • 電話 ・・・ 048-844-1711
  • メール ・・・ info@morinonakama.jp
  • ホームページ ・・・ http://www.morinonakama.jp

施設の見学も随時受け付けております。
入園をご検討中の保護者の方も、保育士・調理師として共に働いてくださる方も、お気軽にお問い合わせください。